東京港のクルージング観光のページです。 
東京クルージング

東京湾クルージング

アメディオ&マルコポーロ
クルージングプラン 船紹介 船のクルージングマップ 船の料理コース
船のお申込み 船の貸切料金 船のアクセスマップ クルージングのご質問
【貸切クルージング TOP】 > 船の航行マップ

クルージング観光ガイドマップ

お問い合せは03-3521-8882

 

お客様の日常では、なかなか体験出来ない、非日常的な空間を実現できるよう企画からパーティー演出まで、きめ細かい対応を目指しています。クルージングパーティーをもっと身近でお気軽にご利用頂けますよう、あらゆるご相談にも応じる次第です。アメディオ&マルコポーロ号だから出来るワクワク感と感動の船出ができる日を、是非みなさまに堪能して頂きたいです。
お台場の歴史
お台場とは国防の為、増築された陣地の事で大砲や陣屋などを設置している砲台であり、実は「お台場」と呼ばれる場所は他にも北海道の五稜郭など全国にいくつかある。
東京湾のお台場は江戸末期、ペリーの黒船来航の際、あわてふためいた幕府が75万人を使って建設させた名残で第六台場まであった。軍事施設として建設されたお台場だったが、実戦に使われる事のないまま放置された。現在は二か所が残存し、公園となって砲台のレプリカが置いてある。

レインボーブリッジ
レインボーブリッジは芝浦とお台場を結ぶ吊橋。1987年着工、1993年開通。長さは798メートル。レインボーブリッジの名前は一般公募により決められたもので、正式名称は「首都高速道路11号台場線・東京港連絡橋」である。原付は走行禁止である。
下層の両側に歩道があり、歩いて渡る事ができるが自転車の乗り入れは禁止である。かつては東京都道482号台場青海線が産業道路の為、お台場に人を入れる事を嫌い有料だったが、今はマンションなどができ、有料にするのが難しく、無料になっている。

東京タワー
東京タワーとは港区芝公園四丁目にある東京地区の集約電波塔。着工1957年、1958年に完成した。設計上は最上部で風速100メートル、下部で風速80メートルに耐え、関東大震災の2倍クラスの大規模地震でも安全という事になっている。この塔の正式名称は建築主にちなみ、日本電波塔である。当時、相次いで開局する各放送局の電波塔を一本化しようという構想で建設された総合電波塔である。放送事業の将来性に着目した大阪の新聞王、前田久吉によって計画された。塔はフランス・パリのエッフェル塔の324メートルより高く、333メートルである。

晴海客船ターミナル
東京の海の玄関口。世界各地の豪華客船をはじめ、日本最大の豪華客船「飛鳥」や南極観測船「しらせ」や外国艦船などがここから出港する。平成3年に開港50周年の記念としてできたターミナルである。ここからお台場全景や富士山まで見渡せる絶景展望スポット。

勝どき橋
1905年1月18日、日露戦争における旅順陥落祝勝記念として有志により「勝どきの渡し」が設置された。築地と対岸の月島の間を結ぶ日本では珍しい可動橋であるが、現在では機械部への電力供給もなく、可動部もロックされ跳開することはない。近年、再び跳開させようと動きはあるものの、機械部復旧に約10億円ほどかかってしまうことと、現在の道路交通量から実現のめどは立っていない。勝どき橋工事は1933年に着工し、1940年に完成。1940年に月島地区で開催予定であった、「国際博覧会」へのアクセス路とする計画の一環でもあった為、日本の技術力を誇示できるような橋が求められ、すべて日本人の手で設計された。結果、「東洋一の可動橋」と呼ばれる評判を得た。勝どき橋の名前の由来は、戦争における勝利の際に勝どきをあげる姿が、橋の開閉の姿に似ている事から来ていると言う。

永代橋
永代橋は1698年に江戸幕府5代将軍徳川綱吉の50歳を祝したものである。「永代橋」という名称は当時佐賀町付近が「永代島」と呼ばれていたからという説と、徳川幕府が末永く代々続くようにという「永代」説がある。1807年8月19日、深川富岡八幡宮の12年ぶりの祭礼日に詰め掛けた群衆の重みに耐えきれず、落橋事故を起こす。死者は1500人を超え、史上最悪の落橋事故と言われている。事故後、橋の維持の重要性に気づいた幕府により再架橋されるが相当痛んでいたようで1897年に日本初の鉄橋として架橋された。しかし、関東大震災に被災し、震災復興事業の第一号として現在の場所に架けられた。2007年に都道府県の道路橋として初めて、勝どき橋、清州橋と共に永代橋が国の重要文化財に指定された。

天王洲アイル
1980年代後半のバブル景気の末期以降、22haに及び民間では全国最大規模の都市開発が為されており、レストランやファッション施設、ホテルなども集まっている為、1990年初頭の完成当時より現在までテレビドラマのロケ地やCMによく使われた。最近は六本木ヒルズなどに地位を譲ったものの、高層マンションが着実に増えてきたことから家族連れの姿も見られるなど客層は広がりをみせている。地名の由来はこの場所がまだ江戸湾であった1751年に牛頭天王のお面をこのあたりの海から引き上げた。このお面は南品川の天王祭において神輿の屋根につける「神面」となっているが、このいわれから「天王洲」の地名の由来となっている。「天王洲」の「洲」は元々、海中の土砂が堆積してできた州である所から来ている。また、アイルとは英語で「島」を意味する言葉で、この地が東京湾のウォーターフロントの良き景観に恵まれたロケーションであるため、この名前が付けられた。
 
会社案内 / 特定商取引に基づく表記 / 著作権 / プライバシーポリシー / サイトマップ
 
船の貸切クルージングTOP / クルージングプラン / 船紹介 / 船のクルージングマップ / 船の料理コース / 
船のお申込み / 船の貸切料金 / 船のアクセスマップ / クルージングのご質問
マルコポーロ号の東京湾クルージング